スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
撮影考察(初級編)その1:そうだ、コンデジで撮ろう!
一年ほど前までは、ねんどろ撮影は全て一眼レフ。


愛機のCanon EOS40Dを片手に西へ東へ撮りまわっていたのですが
遠い山などの遠景風景にねんどろをあわせて撮る写真がどうにも弱い。


いわゆる「サザエさんのOP風」写真が撮りたいんだけど
撮った写真はどうしても背景が大きくボケてしまうのです。


多少ボケたほうが写真としてはいい効果になるのですが…


桜なんだか梅なんだか、よく分かんないレベルになってしまうとかなり微妙。

そりゃそうなんですよ。カメラにはピントの合う距離範囲
被写界深度」ってのがあって、それを調節する「絞り」って機能により
・被写界深度を拡げたり(風景向き)
・狭くしたり(背景をボカしたポートレートやモノ撮り向き)
ってことが出来るんだけどカメラの限界まで広げても
「手前のねんどろと遠くの風景を同時にボカさずに写す」にはやっぱり限界はあるもので…


どうすれば理想とした写真が撮れるかって悩んでた時に
コンパクトデジカメの新機種広告を見たんですよ。

「このカメラは従来のコンパクトデジカメより撮影素子が大きいので
一眼レフのような綺麗で大きなボケを表現することが可能!」

…ん?
撮影素子ってのはカメラの内部にある、フィルムのデジタル版みたいな部品。
そいつがちっこいとボケにくいのか?
そんな短絡的な逆転の発想で購入したのがNikonのCoolPix P300
2万円くらいのお安めコンパクトデジカメ。

こいつならちっこいし、絞り調節機能もあるし。
早速試してみよう!




……

以後現在に至るまで、自身の一眼レフの出番は激減して
コンデジの天下になるのでありましたw

あ、一眼レフでのフィギュア撮影を否定するつもりは全然ないです。
あくまで撮影の幅を広げる為のネタのひとつってことで。

☆何故、撮影素子が小さいとボケにくいのか?
☆一眼レフで同じようなことはどうしてもできないのか?
この2点については後日自力で調べて理由が判ったのですが
こちらについては中級編のカテゴリ記事にて改めて♪
スポンサーサイト
[2012/11/30 16:57] | 撮影考察(初級編) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<写真日記その1:イチョウ並木を撮ってきた! | ホーム | ねんどろいど改造:凛子・冬熱海服>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yuranchi.blog.fc2.com/tb.php/3-69ee2102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。